カードローンやキャッシングは繰り返し借りれる非常に便利なもの。
ですが実際に借りれる額には制限があり、これを利用限度額といいます。
利用限度額が大きくなれば借りれる額も大きくなりますから、出来るだけ限度額は大きい方が良いと思うことでしょう。

審査には遠たけど希望した金額を借りれなかった、限度額がもう少し高いと良いのに、そんなこともあるのではないでしょうか?
そのような時はカードローンの増額に申し込みしましょう。
もちろん審査は有りますので希望すれば必ず増額できるというわけではありませんが、今後限度額を増やしたいという方は増額を考えるのも良いでしょう。
では限度額を増枠するにはどうすれば良いのか見ていきましょう

カードローンで増額できるかどうかは信用が重要

カードローンの増額審査に申し込んだけど審査に落ちてしまった、そんな方は多いかと思います。
新規契約時の審査は通過できたのに、なぜ増額の審査に落ちてしまうのでしょうか?

増額の審査で重要となるのは信用です。

限度額が大きくなってもきっちり返済できる、毎回期日に遅れること無く返済できる、総判断してもらわないといけません。

増額の審査に落ちるのは、増額後も返済できると信用されていないからです。
ではどうすればカードローン会社から信用してもらえるようになるのでしょうか?

それには3つの条件をみたす必要があります。
1つ目に一定の利用実績があること、2つ目に期日通りの返済ができている、3つ目に個人信用情報に問題がないことです。
増額の審査を通過するには最低でも上記3つの条件はクリアしていないと厳しいです。

カードローンは無担保・無保証人で融資します。
利用者の返済能力と信用力を基に限度額を決め融資を行ないます。
始めは信用ゼロの状態なわけですから、利用者が本当に信用できる人間かどうかはその後の利用状況によって判断する必要があるのです。
ですから一定の利用実績が必要でありそれを見極めるための期間が必要ということになります。

ただ単に利用するだけでは実績は積み上がっていきません。
毎回期日に遅れず返済すること、借り入れ多分は完済できていると言う実績が必要です。
まじめに返済できていれば返済能力に問題ないと思われ信用に繋がるわけです。

どれぐらいの期間が必要なのかはカードローン会社によって違います。
利用実績の見極めるのに必要な期間は、以前は半年程度が多かったですが、最近は1年以上設けているところも多くなっています。
ですから目安としては1年以上の利用期間が必要と思ってよいでしょう。

実際にどれ位の金額を増枠出来るのか、これは誰もが気になるところではないでしょうか?
カードローン会社は300万円、500万円といったように最大限度額を提示していますが、誰もが限度額めいいっぱいまで増枠してもらえるわけではありません。
いくら返済能力が高く信用できる人であっても、法律によって上限金額が制限されてしまうこともあるのです。

それが総量規制です。
消費者金融の借り入れは総量規制の対象となりますので、借入限度額は年収の3分の1を超えることは出来ません。
総量規制の導入により、今まで借りれていた専業主婦や定収入の人は借り入れが難しくなりました。

これだけを聞くと総量規制は悪いものに思えるかもしれません。
しかし総量規制によって自分の収入に見合わない無理な借り入れを防止することが出来ます。
そして無理のない返済を可能としているのです。

ですが総量規制の範囲内で借り入れしていたとしても、必要ないのに無計画にお金を借りていれば返済額は膨らみますし、その結果返済が苦しくなる恐れが出てきます。
借入する際は返済のことをしっかりと考え計画を立てることが大切です。

増額審査を通過するには、信用力が第一に必要となります。
現時点の限度額で返済に問題があるような人に、限度額を増額してまでお金を貸そうとは思わないはずです。
また全く利用していない人に限度額を増やしてお金を貸すのにもカードローン会社は抵抗があるのは当然のことと言えます。
きちんとした利用実績があり、返済能力に問題ない、信用できると思われないと増額するのは難しいです。

カードローン会社から増額の案内が来るって本当?

カードローンの増額は自分から申込みしなくても、カードローン会社からその旨の案内が来ることがあります。
中には既に増額済みなんてケースも決して珍しい事ではありません。

増額の案内が来れば、その後に申込みしてスムーズに増額の対応をしてもらうことが出来ます。
増額の案内が来るということは、既に必要な審査は終えている状態ですので、時間はかかりません。

但し、増額の案内は誰にでも来るわけではありません。
上記でも説明したように増額審査をクリアするための条件を満たしている必要があります。
自分から申込みする場合も、増額の案内が来る際もカードローン会社は審査を行なっているのです。
どちらも必要な条件は変わりません。

カードローン会社の主な収益源は何かご存知でしょうか?
それは利息です。
同じ貸付額でも金利を高くすれば得られる利息分は大きくなります。

その為、カードローン会社としては出来るだけ多くのお金を貸し付けたほうが得られる利益も大きくなるのです。
しかし誰かれ構わずお金を貸してしまうと、貸し倒れのリスクを大きくしてしまいます。
そうならないためにもキチンと審査を行ない信用できる人なのかどうかを見極めるのです。

つまりは信用できる人にこそじゃんじゃんお金を借りてもらい、利息を得たほうが効率よく収益を得ることが出来るわけです。
だから信用できる顧客には希望しなくてもカードローン会社から増額の案内が来るのです。

この様にカードローン会社は、信用できる顧客を優遇しています。
その為には、自分に返済能力があること、信用できる人間だと思ってもらうことが出来ればそれに見合った限度額を設定してもらうことが出来るのです。

他社のカードローンから借りるほうがハードルは低い?

ここまで増額について説明してきましたが、これを聞いて限度額を上げたいと思う方は意外と少なくなったかもしれません。
と言うのも、増額するには厳しい審査を通過しなければいけませんし、実績を積むための期間も必要となるので簡単には上限金額を上げることが出来るわけではないと知ってしまったからです。
増額するには最低でも半年、カードローン会社によっては1年以上経たないと増額できないところも少なくありません。

限度額を上げたい理由が、今すぐお金が必要というのであれば、増額ではなく他社から新規で借入申し込みした方が融資を受けられる可能性は高いです。
新規借入なら増額のように利用実績や期間は必要ありませんので、直ぐにでも対応できます。

既にお金を借りているのに、別のところから借りて問題ないの?
こんな不安を抱える方もいるかもしれません。
また増額が無理だったから他社から借りるのも無理なのでは?
と思う方もいるかもしれません。
しかしこのような事は全くありません。

返済能力を超えた借り入れでなければカードローン会社も融資してくれます。
また総量規制も関係してきますが、当然規制の上限を超えなければ他社借入をしても全く問題ありません。
但し利息はその分発生しますので、増額で借りるよりも多く利息を支払うことになりますので、その点は理解しておきましょう。

他社借入をする場合、どのような点に注意すればよいのか見ていきましょう。
まず消費者金融から借入する場合は総量規制に気を付けなければいけません。
個人の年収の3分の1を超える借り入れは出来ませんので、自分の年収でいくらまで借りれるかしっかりと把握しておきましょう。

勘違いされやすいのが、1社からの借り入れが年収の3分の1だと思っていることです。
例えば、年収300万円の人がA・Bそれぞれの消費者金融から100万円ずつ借りることが出来ると思っている方は意外と多いです。
そうではなく、合計して100万円まで借りれるということです。
ですから既にA社から100万円の借り入れをしている場合はB社から借り入れはできません。
A社から70万円の借り入れをしているのであればB社からは30万円までは借りる事が出来るというわけです。

申し込み時に注意したいのが総量規制の上限を超える希望額で申込みすることです。
例えば年収300万円の人が、既に80万円の借り入れをしているのに新規で50万円の借り入れ希望を出したとします。
このような人はカードローン会社から「自分の返済能力を把握できていない、計画性のない人だ」と判断され、少額の有しどころから審査落ちになる可能性が高いです。

仮に総量規制の範囲内で借入希望額を出したとしても、収入と支出のバランスが取れていないと判断されれば審査通過は難しくなります。
いくら年収の3分の1までなら借りれるとはいえ、無理な借り入れをしてしまうことのないように気を付けましょう。

もし総量規制ギリギリまで借り入れしている場合は、銀行カードローンを選びましょう。
銀行カードローンは総量規制の対象外ですから、問題無く借り入れ可能です。

他社借入がある状態で新たに借入する場合、審査は通常よりも厳しくなります。
その際重要となるのは借入額よりも借入件数です。
借入件数が3社以上あると審査通過はかなり難しくなります。
仮に総量規制の範囲内で借り入れしていても、3社以上からお金を借りている場合は審査落ちの可能性が高くなると言う事を覚えておきましょう。

急ぎでお金が必要な場合は、即日融資に対応した大手消費者金融がお勧めです。
自動契約機がありますので、夜間や土日でもその日にお金を借りる事が出来ます。
また銀行に比べて審査が柔軟ですので、利用しやすいです。

新規申し込みの審査は増額ほど厳しくはありません。
今直ぐにでもお金が必要という理由で増額を考えているのであれば、他社からの借り入れを一度検討してみてはどうでしょうか?