タトゥーがあっても脱毛できる?

最近はオシャレの一環として首やお腹、腕、足などに入れ墨(タトゥー)を入れている人も多くなりました。

女性であれば脱毛される方も多いかと思いますが、気になるのはタトゥーを入れていても脱毛できるのかということではないでしょうか?

 

入れ墨を入れている人は公衆浴場やプールに入ることは止められていますが、脱毛はどうなのでしょうか?
また入れ墨を入れている部位自体は脱毛は可能なのでしょうか?

今回は脱毛と入れ墨の関係性について解説していきたいと思います。

 

まず入れ墨をしている人はエステサロンに入店お断り、という事は全くありません。

入れ墨しているから自分で処理しなければダメという事はありませんので安心してください。

入れ墨が入っている部位は脱毛施術は出来ませんので覚えておきましょう。

 

但し、入れ墨を避ければ脱毛は可能です。

入れ墨が入っている箇所をさけて照射して脱毛することになります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛はほくろやシミは避けて照射します。

 

これはほくろやシミにはメラニン色素が含まれており、それがレーザーや光に反応してしまい、やけどする危険性があるからです。

入れ墨にも同じことが言え、入れ墨の色素がメラニン式とそ同じ様に反応して火傷を生じさせるおそれがあるのです。

 

そうなると入れ墨が薄くなる可能性があり最悪の場合は消えてしまうかもしれません。

しかも消えると言っても見た目が汚くなるだけで何のメリットもないのです。

 

入れ墨部分は避けて照射するとは言え、その範囲はお店によって違います。

念のためということもあり入れ墨部分から5cm以上離して照射することも決して珍しくありません。

 

これは入れ墨の大きさに関係なくですから、ほんのワンポイントでも5c以上離さないといけないとなると、きれいに仕上げるのが難しいでしょう。

サロンよりもクリニックのほうがギリギリまで照射してくれる場合が多いです。

 

ですから入れ墨部分の周辺ギリギリまで脱毛したいならサロンよりもクリニックのほうが良いでしょう。

入れ墨部分以外なら問題なく脱毛できますが、カウンセリングでしっかりと伝えておく必要はあります。

 

また、入れ墨部分を大きく避けたとしてもその分値引きしてくれるわけではありませんので、その点は理解しておいてください。

実は入れ墨部分の脱毛は完全にできないというわけではありません。

 

あくまでもレーザーや光による脱毛がアウトなだけであって、ニードル脱毛は可能です。

ニードルはレーザーや光とはアプローチが全く違いますので、入れ墨がある部分でも問題なく脱毛できるのです。

 

ニードル脱毛は、部位ごとに料金が決められているわけではなく、時間単位もしくは本単位で決められています。

もし今後、入れ墨を入れようかと考えている人は、先に脱毛を終わらせてからのほうが良いでしょう。

 

予め入れ墨を入れる箇所が概ね決まっているならその部位だけでも脱毛しておくことをオススメします。

入れ墨を避けて照射するとは言え、お店のミスで入れ墨に照射してしまうトラブルが無いとは限りません。

 

であれば入れ墨がない状態で脱毛するほうが安全であることに間違いはありません。

また入れ墨を入れたことを後悔しているという人は案外います。

 

一度入れてしまった入れ墨を綺麗さっぱり無くすことは困難ですから、入れ墨を入れようか考えている人はそれがほんとうに必要なのか脱毛していく中でしっかりと考えたほうが良いでしょう。

 

⇒脱毛サロンで一番人気!シースリーの公式HPはココ